コロナで医療は崩壊するのか?

コロナで医療は崩壊するのか?

海外現役ナースです。本日のトピックは最近話題の医療崩壊です。ちなみにこのタイトルにある質問の答えですが、簡潔に答えると、Yesですね。というか、もう崩壊している病院は日本も含め世界中にあります。深刻な問題です。

どれくらい深刻かというのは、病院に関係のない人には感じにくいと思います。が、UK(United Kingdom)では100人以上の医療従事者がコロナ感染で亡くなっています。コロナ感染者に関わった医師、看護師、介護士などの方々です。殉職ですね。もし、これが医療従事者でなく100人の警察官が殉職したというニュースだったらどう思われますか?(警察官の方ごめんなさい!)

医療崩壊の意味

まずは医療崩壊の意味を考えてみましょう。これといった定義は無いようですが、政治的、社会的背景、医療への需要、医療機関の機能不全などが関連して、安定的、継続的な医療提供体制が成り立たなくなるということのようです。

これだけだと、パンデミックが起こらなくても、発展途上国、政治的な問題のある国など、医療を十分に提供できない国の医療はすでに崩壊していると言えます。他にも、医療機関が提供できるサービスに制限があり、患者の需要に応じきれない病院もあります。この状況も医療崩壊の類に入るかもしれません。ようはどこに線引きをするかということですね。

日本の医療の特徴

海外に出てみると、日本の医療がかなり独特だったと感じました。良し悪しは置いておいて、日本の医療は、入院期間が長い、検査が多い、薬の処方が多い、治療が多い、延命治療も多い。また、ガイドラインやプロトコールが少ない、だから、病院や医師によって治療方針がまちまちであることが多い、などですか。

日本で、何でも検査して、すぐに薬がでるのが普通の医療だと思っている人にとって海外の病院は、”何にもしてくれない。これで大丈夫なのか?”ということになります。でも、これは海外の医療が崩壊しているというわけではなく、必要な医療への考え方に違いがあるということになります。

私はアメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、スイス、ドイツなどの国々出身のナースたちと働いてきましたが、必要な治療、医療に関しての感覚は、まあ、似たようなものでした。患者で検査や薬に対して要求が多いのが、日本人、韓国人、中国人、インド人などアジア系ですね。これは私の経験上だけでの話ですが。

ただ、こういう違いがあっても、コロナ感染に対する対応は類似しているところが多いようです。ありがたいことに先に感染が広がった国々からの情報が入ってきますので、時間があり、リーダーが適切に対応できた国々は何とか対応できたようです。本当にテクノロジーにも感謝します。

コロナパンデミックによる医療崩壊

では、話題になっているコロナ感染による医療崩壊というのは、具体的にどういうものでしょうか。私の中では、主に下記の4点があがります。

1.コロナ患者の数が多すぎて、病院が対応できない 

2.医療従事者に院内でコロナ感染が起こり、病院の医療提供に大きな支障がでる 

3.病院がコロナ感染者への対応に追われ、それ以外の病気やケガの患者への医療提供に支障が出る 

4.上記の状況が長期的に続き、医療従事者の精神的、身体的ストレスが大きくなり、医療提供に支障がでる

このページにも書きましたが、

コロナがなぜ大騒ぎになっているのか:https://snm467.com/2020/04/13/post-530/

コロナ感染が普通のインフルエンザと違うのは、感染者が多く、しかも入院、特にICUでの治療が必要な人が多いというところです。患者が呼吸不全に陥った時にICUベットや呼吸器の数、そしてもそれに対応できるスタッフの数が足りなければ、必要な医療提供ができないことになります。ICUが機能しなければ、死亡者の数は確実に増えます。

最終的に感染者の総数が同じでも、一日に100人が病院に患者が来るのと、10日間、毎日10人ずつ来るのでは、後者のほうが確実に適切な医療が提供できるのがわかりますよね。急激に患者数を増やさないための対策として、外出自粛や接触機会の軽減が言われているわけです。

私の勤務している病院ではコロナ感染者は現在いませんが、呼吸器症状のある患者はすべてコロナ患者、つまり感染患者として扱っています。そのため、必要な治療、特に緊急性のある治療が遅れたり、状態が不安定な患者でも隔離室に入れられ観察が不十分になる、などの問題が起きています。

また、あまり話題にされていないことですが、医療従事者の現場でのストレスは、想像以上のものです。自分が感染するかもしれない、家に持ち帰って家族に感染させるかもしれない、という不安を抱えて勤務しているわけです。特にこの状況が長引けば、医療従事者の精神面や身体面が心配です。日本のナースの友人が”うちの病院の幹部、何も考えてなくて、私たちあて球にされてるの。”と言っていました。できる限り適切な医療が提供できるように、病院幹部にはガイドラインの制作やPPEの十分な配給、そして病院スタッフを思いやる態度に、力を注いでいただきたいものです。

参考までに

コロナ感染者の対応1https://snm467.com/2020/04/26/post-600/

コロナ感染者の対応2https://snm467.com/2020/04/26/post-605/

この現状を考えると、どこもすでに医療が崩壊していっているという感じですが、それぞれが今の自分に何ができるかということを考えて行動していくことしか、状況改善への道はありません。

日本の医療従事者の皆さま、お互い頑張りましょう!